スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DHAが凄い


富士フィルムヘルスケア未来研究所より


、DHAにはストレスのかかる条件下で精神を安定に導く作用があると考えられています。DHAを日常的に摂っていると、敵意性や暴力性、うつ、不眠といったストレスに基づく諸症状がやわらぐことが、多くの研究で報告されています。そのメカニズムはまだよくわかっていませんが、おそらくDHAが感情のコントロールに関係している神経伝達物質のひとつであるセロトニンや、睡眠に関係するメラトニンの働きをよくするのではないかという説が有力視されています





天才と分裂病の進化論 単行本 – 2002/7
デイヴィッド ホロビン (著), David Horrobin (原著), 金沢 泰子 (翻訳)

魚をよく食べる人は、自殺願望が格段に低く、抑うつ状態にもなりにくいことが、 フィンランドの研究者らの調査で明らかになった。
 フィンランドのクオピオ市にあるクオピオ大精神科のA・タンスカネン医師らが中心となって、 男女の市民約3,000人(25歳~64歳)を無作為に抽出、回答が得られた約1,800人について分析した。
 調査は抑うつ度と自殺願望について、1週間に魚を2回以上食べる人と、 それ以下の2つの群に分類、比較した。抑うつの程度は、食欲低下、 睡眠障害などを自己チェックする国際的な評価方式を用いた。その中で、「自分を傷つけたい」 と考えたことがあれば、自殺願望と評価した。
 その結果、自殺願望を抱く危険性は"魚嫌い"を100とした場合、"魚好き" は57と約半分。うつ病を発症する危険度も、魚を食べる人は63と低かった。
 魚油の主成分であるエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)は、 動脈硬化やがんの予防で脚光を浴び、統合失調症の症状改善や、 そううつ病が再発するまでの期間を延ばす精神作用も注目されている。 魚の摂取量と自殺による死亡率の関係は、 26万5,000人を対象にした日本の疫学研究でも指摘されており、今回の研究が裏付けた形だ。

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
もくじ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
いらっしゃい
サイト内検索
RSSリンクの表示
リンク&参考文献
ほん
検索エンジン
記事ランキング
MMOタロット占い
僕のブログ集
広告
僕たちの出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。