スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロトニンの働き


ウツ予防
セロトニンを知る→セロトニンの働き



「脳の病気」という面では、セロトニンやアドレナリンの不足が想定されており・・・【ウィキペディア】


セロトニンとは、
脳内の神経伝達物質のひとつで、必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるもの。
ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、精神を安定させる作用がある
セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなるため、快楽から抜け出せずに依存症に陥ったり、うつ病になりやすいなどといった指摘もある
【healthクリック】



つまり、精神を安定させる作用があるわけだから、我々人間にとってはとても重要であることに違いはなさそうだ。
まだ完全に証明されたわけではないが、『セロトニン不足はうつ病になりやすい』 可能性も否定できない。

以下、これがセロトニンの働きだ。


セロトニンの働き
(1)大脳皮質を覚醒させ、意識レベルを調節する。(爽快、集中力)
(2)自律神経を調節する。
(3)筋肉へ働きかける。
(4)痛みの感覚を抑制する。
(5)心のバランスを保つ。
(喜びや悲しみの感情のバランス)
   ドーパミン(快楽)やノルアドレナリン(不快)の機能を抑制し、平常心を保つ。【セロトニン生活のすすめ】




《参考》
ドーパミン
食欲、性欲、快の衝動を起こす。
過剰の場合は依存症(ギャンブル、アルコール、買い物依存、摂食障害など)を引き起こす。
統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)はドーパミン過剰によって生じるという仮説がある。
強迫性障害、トゥレット障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)においてもドーパミン機能の異常が示唆されている。
陰性症状の強い統合失調症患者や、一部のうつ病では前頭葉を中心としてドーパミンD1の機能が低下しているという仮説がある。
【ウィキペディア】


ノルアドレナリン
神経を興奮させる神経伝達物質。
不安や恐怖を引き起こしたり、覚醒、集中、記憶、積極性、痛みを感じなくするなどのはたらきがある。
ストレスとの関係も深く、敵(ストレッサー)に出会った緊急反応の際に自律神経の末端で分泌され、交感神経を刺激。血圧や心拍数を高める作用がある。【healthクリック】
過剰な場合は、「パニック障害」、「不安症」を起こす。【セロトニン生活のすすめ】




では、そのセロトニン、どうすれば正常に作り出すことが出来るのだろうか。


セロトニンを作り出すへ


Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
もくじ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
いらっしゃい
サイト内検索
RSSリンクの表示
リンク&参考文献
ほん
検索エンジン
記事ランキング
MMOタロット占い
僕のブログ集
広告
僕たちの出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。