Category | 自己啓発

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイコーな人生を送るための 3つの秘けつ

最高!
Eテレの「スーパープレゼンテーション」で、Neil Pasricha(ニール・パスリチャ)
The 3 A's of awesome
「サイコーな人生を送るための 3つの秘けつ」
1 前向きに考えること
2 感性を豊かにすること
3 自分らしく生きること

neil.png

スポンサーサイト

自分を変える教室


意志力には「やる力」「やらない力」「望む力」の三つの力がある。


やる力 
これをすれば生活の向上がわかっているので、もっとちゃんと取り組みたい


やらない力 
幸福や成功の邪魔になるのでやめたい、或いは減らしたい


望む力 
最もエネルギーを注ぎたいと思っていること、最も重要で長期的な目標






「選択した瞬間」を振り返る
一日の終わりに、その日行った選択を振り返ってみましょう。
「自分がいつ目標を達成するための選択、あるいは妨げてしまう選択をしたのか」
、を分析してみましょう。
そのように自分の選択を振り返って意識することで、いい加減な選択の数が減っていきます。
それにより、意志力は確実にアップします。

瞑想
「吸って」「吐いて」 と心の中でつぶやきながら、呼吸に意識を集中しましょう。 気が散っているのに気づいたら、また呼吸に意識を戻します。





スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室
(2012/10/20)
ケリー・マクゴニガル

商品詳細を見る

デール・カーネギー

肝だめしに夜墓地を一人で歩く少年は、
さも陽気そうに口笛をピーピー吹き鳴らす。
すると恐怖心は口笛で「吹き飛ばされ」、
墓地を歩くのがこわくも何ともなくなる。

これと同じように、
自分のふさぎきった心を口笛で吹き飛ばして、
他人までふさぎの巻き添えにしないように気を配る者が、
もっといてもよさそうなものだ。

楽しそうに振舞っていると、いつか本当に楽しくなる。
物事に熱中するにはこの手に限る。
仕事にしろ会議にしろ、
面白くてたまらないといった態度でとりかかれば、
いつの間にか本当に熱中している自分に気がつくものだ。






失敗は成功の母である。
落胆と失敗は、人を確実に成功に向かわせる二つの試金石である。
この二つを自発的に研究し、
何か今後の役立てられることを掴み取ることが出来れば、
これほどプラスになるものはない。

過去を振り返ってみよう。
失敗が成功の助けになった場合があるはずだ。






自分のことで卑屈になったり、
引っ込み思案になったりしがちなのを克服する最上の方法は、
他人に興味を持ち、他人のことを考えることだ。
気おくれなど嘘のように消え去ってしまう。

他人のために何か尽くしてやることだ。
常に人に親切を尽くし、友達のような心で接すれば、
あなたはそのすばらしい結果に驚くことだろう。






もし何かを恐れているなら、
他の人々もあなたと同様、
何かに対して恐怖心をもったことを思い出して頂きたい。
多分これを読んでいる瞬間にも、
あなたは恐怖心のとりこになっているだろう。

「こんなことを人から言われはしないか?」

「上役から叱られるかもしれない」

「近所の連中の噂話が気になる」

こうして並べてみると、どれもこれも未来のことばかりだ。
つまり過去は怖くない。
何が起こったかちゃんと分かっているし、
思ったほど大したことでもなかったから。

しかし未来は一寸先も分からない!
未来の恐怖と戦う方法は簡単である。

「なぜ恐ろしいのか」

という理由を一つ一つ考えてみれば、怖さも薄れてくる。
最悪の事柄がどの程度のものか分かれば、怖がることもなくなる。
あなたはつぶやくだろう。

「なんだ、あれくらいの事など!」






牧場の奏でる調べや、
森をたたえる交響楽に、
耳を傾ける暇もなくなるほどあくせく働いたり、
せかせかしたって始まらない。
この世には富よりはるかに重要なものがある。
楽しみを味わうささやかな心がけもそのひとつだ。

ちょっと手を休めて、窓の外の美しさを眺めよう。
そこに世界がある。

楽しもう。
今夜外へ出て星空を眺めよう。

それは大自然の驚異だ。






熱中は性格を作る原動力である。
物事に熱中できなければ、
いくら才能があってもいつまでも芽を出さない。

たいていの人は、
まだ使い方を知らない隠れた才能をたくさん持っていると断言してよかろう。

たとえ教養があり、
しっかりした判断力があり、
考えが理知的であっても、
心を打ち込んで思考し行動することを知らないうちは、
隠れた才能の存在は、誰にも分からない。
本人ですら知らないのだ。






勇気ある人間になりたければ、以下の五つの心得をしっかり守ることだ。
何事に出会ってもびくともしない人間になること請け合いである。


1.本当に勇気があるかのように振舞う。
  こうすれば元気が出てきて、
  「自分だってあれくれいのことはできるのだ」
  という気持ちになるから妙だ。

2.よく考えてみれば、失望落胆して壁に行き当たった人の多くが、
  立派にそれを乗り越えてきているのだ。
  他人にできたことが自分にもできぬはずがない。

3.人間の生命力はリズムに従って盛んになったり衰えたりしている。
  意気消沈して人生に立ち向かう意欲を失えば、
  どん底まで落ち込んで這い上がれなくなる。
  だが、あくまで勇気を失わなければ、
  今まで自分を抑え続けてきた力を一転して、
  失意から抜け出す力に転化できる。

4.昼間より夜の方が気が滅入るものだ。
  勇気は太陽といっしょにやってくる。

5.勇気は人の偉大さを計る物差しである。
  自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ。



人を動かす 新装版

道は開ける 新装版
もくじ
プロフィール

チャーリー

Author:チャーリー
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
いらっしゃい
サイト内検索
RSSリンクの表示
リンク&参考文献
ほん
検索エンジン
記事ランキング
MMOタロット占い
僕のブログ集
広告
僕たちの出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。